xmlns:og="http://ogp.me/ns#" xmlns:fb="http://www.facebook.com 居酒屋バカ一代 2012年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

席が少ない理由




             よくお客さんからいわれるその2が、



             『席が少なすぎる』という声。




         確かにいまのところカウンター5席。しかしこれには自分の思いが詰まっている。


 
             居酒屋時代よく悩んでいたのが、料理の遅れ。


        お客さんはお酒と料理を同時に楽しんでいるわけだから、

         お酒と料理のタイミングがあわないとすべてが台無しになる。


 せっかくこだわった揚げたての鶏の唐揚げにかぶりつけても、手元に冷えたビールがないなんて不幸すぎる。


         しかもこれは特にお客さんが増えて忙しくなってくると浮上する問題。


      本来ならたくさんお客さんがきてくれてるのだから売上もあがってうれしいはずなのだが、


        忙しいときほどうまくお店がまわせずにイライラしている自分がすごくいやだった。


          売上があがっても、お待たせしたり、料理が雑になることが

           自分にとって相当なストレスになることに確信が持てた


        飲食店の本来の道というのはやはりうまいものを全力で作ることだと自分は思う。



        手の回らない席を作って味のレベルを落とすなんてことは邪道なはずだ。



             

         なので当初カウンター9席なら大丈夫だろう、と始めたが、

            どうしても忙しくなると替玉が遅れてしまう


            替玉が遅いのはラーメンを食べてるほうとしては致命的。



          なので席を減らした。確かに5席だと売上はたかが知れている。



             けど、また昔のようなストレスは抱えたくない。

           



             だからうちは席がすくないんです。申し訳ないんですが、ご了承ください。



       最近は慣れてきたから夜なら増やしても大丈夫かな、ともかんがえてはいますが・・


          



      
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。